2020年1月から9月「老人福祉・介護事業」の倒産・休廃業状況について

昭和介護センターの中山です。

 

今月8日に株式会社東京商工リサーチ様

2020年1-9月「老人福祉・介護事業」の倒産状況

の分析レポートを公表しました。

 

レポートの内容を確認しつつ、現場で働く側として、解説を加えていきます。

 

 

老人福祉・介護事業倒産件数が過去最多


「2020年1-9月の「老人福祉・介護事業」倒産は94件(前年同期比10.5%増)で、介護保険法が施行された2000年以降、1-9月で最多だった2019年同期(85件)を上回り、最多を更新した。」

そうです。

2020年1-9月「老人福祉・介護事業」の倒産状況(東京商工リサーチ)

しかし、そのうち新型コロナ関連破たんは3件にとどまっています。

無計画や未熟な経営を主因とする「放漫経営」が17件(前年同期比112.5%増)と倍増。

新型コロナ感染拡大前から深刻な経営不振に陥っていた事業者に、コロナ禍がとどめを刺したような格好です。

 

 

業種別では、

「三密」になりやすいデイサービスなどの「通所・短期入所介護事業」が30件(同25.0%増)

 

「訪問介護事業」46件(同6.9%増)

が増加。いずれも小・零細事業者が大半を占め、人手不足による人件費上昇が負担となった構造的な問題を抱えた事業者の淘汰も目立ちます。

 

 

休廃業の数も大事


意外と倒産件数が少ないと感じた方も多いのではないでしょうか。

ニュースで報道されるのは、大半がこの「倒産」の件数ですが、運営をしている私としては、倒産と同等に「休廃業」の件数が大事な数字です。

 

2020年1-8月の「老人福祉・介護事業」休廃業・解散は313件(前年同期比19.0%増)でした。

事業不振が続き、体力があるうちに事業をやめたほか、新型コロナウイルスで急激に業績が悪化し、事業意欲が喪失したことも背景にあるようです。

過去最多ペースで推移しており、年間最多だった2018年(445件)を上回り、休廃業・解散の件数も過去最多を更新しそうだ。

というニュースです。

 

歴の浅い介護保険業界は、異業種からの参入も多く、簡単にリスタートできるため、休廃業の手続きを取って、そのまま業界からフェードアウトしていくことが多くあります。

 

倒産はしていないですが、実際にそれだけの件数の介護事業所が減っている。

ということです。

 

通所介護と訪問介護の倒産理由


業種別では、「通所・短期入所介護事業」が30件と前年同期(24件)の1.2倍増に達しています。

もともと過小資本でのスタートアップが多く競争が激しい業種ではありますが、利用者を獲得できず倒産する事業者が増えた。

また、ヘルパー不足が続く「訪問介護事業」も46件と前年同期(43件)から6.9%増加しています。

今年はこれにコロナ禍で「三密」を敬遠する動きも後押しした可能性もありそうです。

 

通所介護や短期入所に関しては、「高齢者が増え続けているのに利用者獲得競争?」と思う方もおられるでしょうが、これは事実です。

老朽化している施設などの改善には多額の費用がかかるケースもありますが、

イベントをうまく作れない施設。

自社のデイサービスの売りを作れない施設。

などの運営面で課題を抱えた施設が多くあり、人気にばらつきが出ます。

私がコンサルティングをしていた施設でも、私がコンサルティング事業を休業してから、徐々に利用者様が減り始めたことがありました。

 

目の前の「介護」の仕事に追われて、経営者が「プレイングマネージャー」として動いている事業所お多く、これらの事業所は課題解決まで考える余裕がないのが現実です。

 

また、ヘルパーの人材不足は深刻です。

ただし、これも対策を打てていない事業所が多く、人が増えていく事業所と減っていく事業所が二分されているように感じます。

 

倒産原因に見る根本的な問題


倒産の原因別では、

最多が販売不振(売上不振)の57件。

次いで、「事業上の失敗」16件。

「運転資金の欠乏」10件で続く。

未熟な運営や無計画などを要因とした放漫経営型の「事業上の失敗」が、急増した。

 

記事にはそう書かれています。

 

通所介護の倒産理由でも記載されていた「過小資本でのスタート」も含めて言えることです。

 

介護事業所の運営は、

・参入障壁が低い分、運営が未熟なままでも参入できてしまう。

・運営の計画があまりにも無計画でも、高齢者が増えて利用者が多いため、なんとか資金のショートを免れてしまう。

という特徴があると考えています。

 

もちろん、このままの運営状態では、少しのトラブルも修正できずに右肩下がりで業界から消えてしまいます。

 

今回の新型コロナウイルス感染症は、このような事業者を直撃し、瀕死に追いやってしまったのではないでしょうか。

 

事業所が無くなることは、勤務している介護職の方にも、利用者様にも、環境の変化を与える非常に悲しく残念なことです。

 

私もこのニュースを見て気を引き締めていますが、

できるのであれば、このように無計画・未熟な運営の事業者をお手伝いしたいですね。

 

 

株式会社クオリス

昭和介護センター

エリアマネージャー

中山 高文

 

大阪市東淀川区の

上新庄(ええやん豊新昭和介護センター)

淡路(おおきに淡路昭和介護センター)

井高野(あしすと井高野昭和介護センター)

の3か所で訪問介護事業所を運営しています。

約80名のホームヘルパーさん達とともに、

日々地域の福祉に貢献できるよう奮闘中です。

 

各店舗にて、正社員・パートの募集を行っています。

詳しくは、ホームページ内の求人情報のページをご覧ください。

ご利用者様のサービス依頼についても受け付けています。

在宅扱いであれば、ご自宅に限らず、サービス付き高齢者住宅・有料老人ホームなどの施設でも、住まいの形態は問わず訪問します。

お気軽にご相談ください。

 

株式会社クオリスでは、

●クオリスケアセンター城東
●クオリスケアセンター生野
●クオリスケアセンター住吉
●クオリスケアセンター東住吉
●クオリスケアセンター平野
●クオリスケアセンター八尾
●クオリスケアセンター旭
●クオリスケアセンター住之江
●クオリスケアセンター東成

でも介護事業を行なっております。

クオリスケアセンターの詳細につきましては、

株式会社クオリスのホームページ↓

http://www.quolis-kaigo.com/index.html

または、QLSホールディングスのホームページ↓

http://qlshd.co.jp/

をご覧ください。